現在募集中の研修会・セミナーなど
(開催地域) (開催日) (主催組織)

女性・生活協会とは?

 当協会は、農林水産省の生活改善普及事業を支援するために、昭和32年に社団法人農山漁家生活改善研究会として設立されて、平成19年10月に50周年を迎えました。

 設立当初の大きな事業は、農村生活改善の指導拠点となる生活改善技術館(現在の農林水産研修所生活技術研修館)を建設し、農林省に寄付したことです。それ以来、農村生活改善の指導者や農山漁村の女性向けに、技術資料の発行や通信教育等、様々な事業を実施して来ました。

 その後、農山漁村の女性や生活をめぐる状況は変化し、特に農山漁村の女性は、農林水産業や農山漁村の担い手として重要な役割を果たしていることから、国段階では、女性・高齢者の能力発揮と地位向上に向けた施策の充実・強化が求められるようになりました。このために、当協会は平成7年10月23日、事業目的を農山漁村女性の地位向上等に関する業務にまで拡大して、名称を社団法人農山漁村女性・生活活動支援協会に変更し、各種の事業を展開して参りました。

 また、当協会は、農林水産研修所生活技術研修館のつくば市移転に伴い、平成17年8月10日に、交通アクセスや環境により恵まれた現在の港区芝公園日本女子会館ビルに移転しております。

 現在、農山漁村では「男女共同参画社会基本法」及び「食料・農業・農村基本法」に基づき、女性がパートナーである男性とともに、経営や地域づくりなど様々な活動に積極的に参画できる男女共同参画社会の形成に向けた各種の取組への支援が求められています。

 そのため、当協会は、今後さらに、農山漁村女性の経営参画・社会参画の推進と子育て両立のための支援、電子媒体等による情報網の整備、農山漁村女性全体の幅広いネットワーク、国際協力の推進などの様々な事業を展開して参ります。

 また、唯一の農山漁村女性支援センター機能を有する団体として、農山漁村女性のチャレンジを支援しつつ、ひいては農林漁業の振興・農山漁村の男女共同参画社会の形成に向けて、さらなる飛躍を遂げるべく努力して参ります。

女性・生活協会の事業内容・役員名簿

地図・交通アクセス

住所:〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8日本女子会館4階

TEL:03-5777-5383

FAX:03-5777-5385

交通案内

JR(山手線・京浜東北線):浜松町駅北口より8分
地下鉄(都営浅草線):大門駅A6出口より5分
地下鉄(都営大江戸線):大門駅A6出口より5分
地下鉄(都営三田線):芝公園駅A3出口より2分

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

生活研究

農山漁村女性・生活活動支援協会の機関誌です。

バックナンバー(書籍・刊行物)

入会案内

入会資格

 本会設立の趣旨(定款)に賛同する個人・団体。

会員

学識経験者等の個人

年会費(一口):5,000円

<特典>

  1. 当協会の運営等に積極的に参加できます。(総会出席の権利等)
  2. 会誌「生活研究」を年間3号お送りします。
  3. 当協会の刊行した主要刊行物を無償で差し上げます。
  4. 当協会の主催行事や中央情報等を随時ご案内します。
会友

都道府県職員、普及指導員、農山漁村女性リーダー等の個人

年会費(一口): 3,500円

<特典>

  1. 会誌「生活研究」を年間3号お送りします。
  2. 当協会の主催行事や中央情報等を随時ご案内します。
賛助員

農業団体や全研グループ等の団体

年会費(一口):20,000円

<特典>

  1. 会誌「生活研究」を年間3号お送りします。
  2. 当協会の刊行した主要刊行物を無償で差し上げます。
  3. 当協会の主催行事や中央情報等を随時ご案内します。

申し込み方法

会員・賛助員

 会員・賛助員として入会される方は、以下の必要事項を記載の上、当協会会長宛に郵送、FAXあるいはメールにてお送りください。

 入会承認後、当協会より「会費納入書」を送付しますので、納入してください。

【必要事項】

  1. 氏名 (フリガナ)
  2. 年齢
  3. 住所
  4. 電話番号(FAX)
  5. 職業
  6. その他・・・当協会へのご意見等
会友

 会友として入会される方は、以下の指定入会申込書に必要事項を記入のうえ、年会費(一口)3,500円を添えてお申し込みください。

<銀行振込>
三井住友銀行 日比谷支店 普通預金 口座番号 793
口座名義:一般社団法人農山漁村女性・生活活動支援協会 会長 安倍澄子(あべすみこ)

<郵便振替>
00140-6-42093